車で高く売れる装備品は?

seibisi

車は様々な装備品が搭載されていますが、中には高く売れるものもあります。

 

基本的に高く売ることができる装備品は、

 

  • メーカーがその車種用に販売している純正品と、
  • 販売店(ディーラー)が指定するオプション品

 

の2種類です。

 

この2つは、メーカーの中古車買取店や買取業者へ車を売却する際の査定額にも影響してきます。

 

メーカー純正のオプション品は、エアロなどの外装パーツが該当します。

 

これらは購入時に装着する方もいますが、売却時にも高く売ることができます。

 

また、ホイールのようなディーラーオプションの装備品も高く売れるものの一つで、脱着も容易なことから個別に売却することも可能です。

 

よく取り付けられている装備品にはカーナビやETCなどがあります。

 

このような車載用品はメーカー純正品も少なくはありません。

 

しかし、メーカーの有無を問わず高く売れる場合があります。

 

最新型になるほど値が高くなり、逆に古いものはさほど高く売ることはできません。

 

 

メーカーやディーラー純正のオプション以外の装備品は、一般的に社外品と呼ばれています。

 

社外品は車のパーツメーカーが作るマフラーや、オリジナルの外装パーツなどが該当します。

 

ほかにも様々な種類がありますが、ディーラーなどでは評価が低く、あまり高くは買い取ってもらえません。

 

逆に中古パーツの販売店などでは評価され、高く売れる場合もあります。

 

社外品に関しては売る方法自体を見直し、中古パーツ買取店などを利用することが大切です。

7月 27, 2015 | Posted by in 備品 | 車で高く売れる装備品は? はコメントを受け付けていません。