車の売却と関係のあるリサイクル券

advice

車を売却するとき、一緒に車検証なども引き渡しをすることになります。
車には取扱説明書や保証書などいろいろな書類が付属しているので、そういった書類も普段から保管しておかないといけないんです。

 

こんな書類の中できちんと用意しておくと売却額が上がる書類があります。

 

それが自動車リサイクル券です。
実は新車購入時の値段には自動車を廃車にする時のリサイクル料が含まれています。

 

 

このリサイクル料は廃車にするときの持ち主が負担するという決まりになっているので、

車が譲渡されるときには新たな持ち主がリサイクル料を負担しなければいけません。

 

 

自動車を売るときには、売る側が買った側に自動車リサイクル券を渡し、その代わりに自動車リサイクル料を受け取る、という形になります。

 

このリサイクル券をなくしてしまっている人はけっこう多いです。

 

 

この券自体は車検証の番号をwebで打ち込むことで再発行できるのでなくしても問題はないのですが、

売却の際に備え付けて無いと本来もらえるリサイクル料をもらえないまま売却することになってしまいます。

 

 

車を売る前にリサイクル券がダッシュボードなどに入ってるかどうか確認して、もしなければ再発行してもらっておきましょう。

中古車の買取業者によっては買取価格にリサイクル料も含めているというところもあります。そういったところも確認しておくといいでしょう。