車を高く売った方法や交渉のコツ

まずは相場がどの程度であるのかインターネットにて確認。

おおよその距離数と年式で似たような車があればその相場金額の+10万円は程度は目標にしたい。

 

akusyu

 


あとは必ず行わなければならないのが、「相見積もり」必ずとは言えないにしろ基本、相手がいないと競争にならない。

過去の例でいえばG社とC社が最後に残り、価格がじょじょに吊り上った。

 

しかし注意してほしいのは業界は精通しているのでお互い担当者同士知り合いという事もある。

 

 

でたらめな数字を並べても

「お客様、その金額は業界上あり得ません。」

 

なんて言葉が返ってくるかも。

 

 

とにかく担当者が決済権の持っている人物にどれだけ近い人なのかが勝負

 

思い切って「御社の社風が大変好感が持てるので、是非,支店長とお話しをさせて頂けませんか?

理由はなんでもいいので、決済権の持っている人にどれだけ近づけれるのかが勝負になる。

 

上記例でもC社が決済権の持っている人間であったので(担当者自体好感はあまり持てなかったが・・・)

その場で自分の判断で勝負していた感があった。

 

 

結局の所、正門突破で自分の納得いく価格まで首を縦に振らないのが基本

上記例では、最後の最後まで粘り「おまけにもう1万乗せてもらえませんか?」というとOKが出たので言ってみるもんだと痛感した、

いや、言わないと損であるのは間違いありません。

2月 11, 2015 | Posted by in 査定 | 車を高く売った方法や交渉のコツ はコメントを受け付けていません。